2013年06月11日

【傍聴のお願い】明日、6/12(水)10時「福島原発被害東京訴訟」東京地裁103号法廷にて

【転送・転載歓迎】
6月12日(水)に「福島原発被害東京訴訟」の第1回期日が開かれます。
傍聴を呼びかけるチラシが出来上がりましたので、転送・転載・拡散をお願い申し上げます。
苦難の多い避難生活を続ける原告の皆さんを応援しましょう!
チラシ→ 6.12原発訴訟.pdf

福島原発被害東京訴訟、いよいよ審理スタート!
[第1回期日]
日時:6月12日(水)10時~(10時半頃まで)
場所:東京地方裁判所1階 103号法廷  東京都千代田区霞が関1-1-4
アクセス:東京メトロ丸ノ内線,日比谷線,千代田線「霞ヶ関駅」A1出口 あがってすぐ
     東京メトロ有楽町線「桜田門駅」 4・5番出口から5分
     http://www.courts.go.jp/tokyo/about/syozai/tokyotisai/

★当日は、原告本人(1名)及び弁護団による意見陳述を行います。 1人でも多くの方に傍聴に来ていただきたいと思います。

[報告会]
日時:6月12日(水)10時45分~
場所:弁護士会館5階502AB  東京都千代田区霞が関1-1-3
   東京メトロ「霞ヶ関駅」B1-b出口より直通
   東京メトロ有楽町線「桜田門駅」  5番出口より徒歩8分
   都営三田線「日比谷駅」 日比谷公園を通り徒歩8分 JR「有楽町駅」 日比谷口よりお堀沿い徒歩10分
   http://www.toben.or.jp/know/access.html

★報告会では,当日の裁判のやりとり,これまでの経過報告,今後の追加提訴等の予定について,ご報告します。

【裁判について】
東京電力と国を相手取り、原発事故による広域避難の責任を問う「福島原発被害東京訴訟」の裁判の最初の法廷(第1回口頭弁論期日)が6月12日(水)午前10時から霞が関の東京地方裁判所1階の第103号法廷で開かれます。法廷では、原告本人の方と弁護団が、裁判をスタートするにあたっての意見を述べます。原発事故被害者にとって大変大事な裁判であり、東京地裁で行う原発関係の集団訴訟ということもあって、今年3月11日の提訴以来、社会的にも注目されています。是非傍聴にお越しください(千葉の訴訟では、傍聴者多数のため抽選になったそうです)。

原告(避難世帯)の方や既に弁護団に委任して東京訴訟に加わる予定の方だけでなく、これから訴訟を検討したいという方、原告の皆さんを応援したい方など、原発事故避難者をはじめとする多数の皆さんが傍聴席を埋め尽くすことで、「被害者の声を無視した審理はできないぞ!」という雰囲気を作り上げていきたいと思います(SNS等での情報の拡散も歓迎します)。法廷は10時30分までです。その後、報告集会を、午前10時45分から、裁判所の東隣の弁護士会館502AB会議室で行います。当時の裁判の手続きの意味や今後の流れ等について、福島原発被害首都圏弁護団がご説明致しますので、こちらにも是非ご参加ください。

裁判所庁舎に入る際に手荷物検査がありますので、期日にお越しの際は時間に余裕をみて開廷15分ほど前(開廷は10時です)には裁判所に入るのがよいのではないかと思います。
裁判についてのお問い合わせは、福島原発被害首都圏弁護団の事務局(オアシス法律事務所) 03-5363-0138か、事務局メール shutokenbengodan@gmail.com までお願いします。
posted by himawari at 10:46| Comment(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。